痛みとコリのメカニズム


体の苦痛を起こす原因は三つあります

1つは、過労です。

 忙しすぎて心身に余裕がなくなっています。これには休息を取ることと、趣味やレクリエーションをして気分転換を図ることが必要です。また夜更かしはいけません。

2つは、悪い姿勢です。
 癖で変に体を曲げたり捻ったりすることだけでなく、立ちっ放し、座りっぱなしなど同じ姿勢でじっとしているのが悪いのです。仕事の合間に、姿勢をかえたり、動きを加えたりすることが必要です。

3つは、運動不足です。
 階段を足で上らなくなっています。近い距離でも車に乗っていませんか。せめて通勤の往復を利用して、バス停の二つ分ぐらいを歩いたり、4階ぐらいのビルの階段を上ったりして下さい。運動不足の結果、体が固くなる(柔軟性がなくなる)ことと、筋力の低下が問題です。
これにはストレッチ体操と筋力強化運動が必要です。腰痛や肩こりも生活習慣病といえます。過ぎていることを減らして足りないことを補いましょう。
筋力強化は、腰痛の場合は腹筋です。肩こりは首の筋肉を鍛えます。前後左右をアイソメトリック法で行います。運動を継続するためには、自覚と少しの努力が必要です。

節制することは健康の基本ですが、私は声を大にして「予防は治療に勝る」といいたいのです。
そんなことを言わなくても施術者は痛みだけを取ってくれればいいと言われそうですが、オステオパシー施術は人間に生来備わっているホメオスタシス(恒常性)を損ねているものを見つけてそれを正すので、恒常性のレベルが高いほど治りが早く、再発しにくいのです。

苦痛がある人には特有の固さがあります
体の固さには、二通りあります。

一つめの固さは背骨です。
 関節の動きが悪いということです。関節の動きやすさ-可動性には、2つの要素があります。
1つは、対称性です。左右の方向に十分な動きの範囲があることです。屈伸・側屈・回旋などの標準的な運動範囲があります。
2つは、苦痛がなく滑らかに動くことです。痛みはもとより、動きの途中で引っかかったり、音がしたりしてはいけません。(可動性の検査)

二つめの固さは筋肉です。
 労働・作業・スポーツの後など疲労や精神的な緊張などによっても筋肉は縮んで固くなります。この固さは自分でも改善できます。収縮をとるには物理的に伸ばすことです。伸ばせば柔軟性を回復し、血液循環も改善します。
年をとるとともに関節の動きの幅が狭くなります。ラジオ体操のようなリズミカルな動きは全身の血液の循環を促し、筋肉や内臓の働きを高め、関節周辺の組織=腱・靭帯を潤滑し動きを滑らかにします。

体の柔軟性を保つことは施術の効果を促進し、持続させます。
(体操・ストレッチング)

一般の方には、骨組み(関節)の固さと筋肉の固さの違いは認識しにくいと思います。また、関節の固さは施術によらなければ緩和できません。
(筋骨格系のアプローチ)



背骨や腰に負担をかけない姿勢・動き方


立つ・歩く -STANDING & WALKING-
 ヒトが立つ姿勢は、2本の足を接地して体を支えています。ヒトの祖先はサルだといわれています。人類は進化の過程で、背骨を直立して二足歩行をする能力を獲得しました。ヒトの背骨を見ると、胎児のときも乳児のときも横から見てC字型のカーブを持っています。これを後湾といいます。乳児は生後3か月ごろには、首に反対側のカーブができます。これを前湾といいます。これで首から背にかけてS字型のカーブができました。これが首が据わるという状態で、首を起こして抱かれたり、這うことができるのです。1歳前後には、もう一つ腰のところにも前湾ができます。この腰のカーブができることで、他の動物と違って直立歩行ができるのです。チンパンジーが二足歩行をするとき、足と腰の間が曲がっています。人間とはだいぶ様子が違いますね。

 体重の4点支持よりも2点支持が不安定なことは明らかです。骨盤の上に立つ背骨(脊柱)との関係は、それを支える脊柱起立筋を含めて「筋骨格系」といいます。構造的に体重支持は脊柱と筋肉のバランスによって成り立っており、特にその負担は腰の下部に大きいのです。

座る -SITTING-
 猫背は、背骨や軟骨を押しつぶす悪い力になります。内臓のためにも良くありません。良い姿勢ができないのは、体が疲れている証拠です。背中を伸ばすために必要なこと-矯正体操-は、デスクワークの人は、お尻を前にずらして背もたれが少し上の方に当たるようにしてから両手を挙げてバンザイのようにします。頭の後ろまで反らせます。少し痛いけれど気持ちが良いものです。トイレに立った時には、足腰の屈伸運動をしましょう。家にいるときは、床の上で、両手を挙げて仰臥することをおすすめします。一日に何回でもやって下さい。ソファの上では背の位置にクッションを敷きます。

 また、椅子に座っている時に脚を組みたくなるのも体が疲れているからです。組むと腰が楽ですね。楽になるーリラックスするーことは良いことですからやるべきですが、左右平均にして下さい。腰が悪くなっている人は、組み方がどちらかに偏っています。あなたはいかがですか。一度調べて下さい。偏りが分かったら、その反対側を多くして下さい。要するに、左右平均にする-バランスを取ること-です。胡坐(あぐら)をかくときは、座布団を二つ折りにして、お尻の下に敷きましょう。横座り-脚を横に出して姿勢を崩して座る-をしたい時は、左右平均にしましょう。

荷物を持ち上げる・曲げる -LIFTING & BENDING-
 重い荷物を床から持ち上げる時には、両足を前後に開き、十分に膝を曲げて体に引き付けた姿勢で持ち上げるようにします。膝をいつもより深く屈伸する動作がコツです。背骨の軟骨やその周りのスジ-筋肉・靭帯-を傷めると持病を抱えることになります。軽いものでも不用意な動作をしないように注意して下さい。

 中腰の姿勢や動きは、立っているときでも座っているときでも、腰にとっては最も大きな負担になります。仕事の合間に腰をそらせたりねじったりして、反対方向の姿勢や動きを与えましょう。

横臥する -LYING-
 腹這いになって本を読むことはやめましょう。首と腰に大きな負担がかかります。横臥位であっても腰を反らせる姿勢はよくありません。
 腰を反らせる姿勢がいけないことに関連して、「腰痛について」の項で述べていますが-そこでは立位姿勢ですが-、乳幼児などを胸に抱くことは、腰にとって大きな負担になります。この場合は、抱くよりも背負う方がよいのです。 

 私は就寝前に、布団に仰臥した姿勢で、腹筋と首の筋肉の強化運動をしています。また、起床の前には、ひとしきり寝床の上でストレッチ体操をします。運動習慣を身につけることは、健康を目指す現代人の常識です。先ず、できる事からはじめましょう。



症状と治療法についてまずはじめに


施術の要点は頸椎と骨盤です
人類の進化の過程を考えると、首と腰が弱点であることが分かります。そこに注目すると頸椎と骨盤が施術すべき要点であることは自明の理です。骨盤は仙腸関節における体重支持と運動性の調和が重要です。頸椎は頭部を支持し脊髄を保護しています。


【施術の手順】
質問:いつから、どこが悪いのか、受診歴などをお聞ききします。
立位で姿勢観察:首肩腰の傾き・ねじれ・湾曲の有無を見ます。
立位で動きの観察:背腰の関節の前後左右の動きの様子を見ます。
伏臥で触診:首背腰の骨組み・関節の動き・筋肉の様子を調べます。
仰臥で触診:首の骨の動き・筋肉の様子を調べます。
骨格の調整:首背腰の関節の動きを回復するための関節操作をします。
筋肉の調整:脊柱起立筋のバランスを整えるための緩和操作をします。

上記の検査と施術は、症状を問わず基本的に必須の事項です。
その他、症状に応じて、手足の関節・筋肉・リンパ・内臓・頭・顔等の施術をします。終了後に、良い姿勢・ストレッチ体操・筋力強化運動などについてご指導します。


施術の対象は全科です。
健康維持の基本は、筋骨格系を調整して、体のバランスと柔軟性を回復することです。
来院される方は、腰痛などの痛みの症状ですが、そのほとんどの方は、同時にいろいろな他の症状を持ち合わせています。
この症状はこの治療に関係ないだろうとか、こんなのは治らないだろうとか思う方もいらっしゃいます。どうぞ、先入観を持たずに、質問や相談をして下さい。
例えば
自律神経を通じて内臓の働きに関係があるので、アレルギー症状にも対応できます。
(中枢神経・自律神経・リンパ系のアプローチ=頭蓋仙骨治療、リンパ・ドレナージュ)
自律神経の中枢は脳の視床下部にあります。中枢神経系は体のいろいろなシステムを統合して調和をはかっているので、頭蓋を調整して、頭の働きや顔のゆがみに対処します。
(頭蓋・顔面のアプローチ=頭蓋オステオパシー、頭蓋仙骨治療)
ストレスによる問題にも対処できます。
(中枢神経・自律神経のアプローチ=頭蓋オステオパシー、頭蓋仙骨治療)

施術は下記のことを目標にしています。

筋骨格系のバランス、血液循環、自律神経調節、脳脊髄循環、生体固有リズム、リンパ排液などに働きかけます。

施術の不適応症
発熱・炎症性疾患・脳・脊髄・心臓疾患・悪性腫瘍・外傷・けが・虚弱



腰痛



骨格(脊柱)と筋肉(脊柱起立筋)は、微妙なバランスの上に成り立っています。この筋骨格系の問題は、悪い姿勢・背筋の固さ・腹筋の弱さが、互いに原因となり、結果となっています。
 例えば、姿勢の悪さ(筋肉の張力の不均整)が重力のバランスを崩します。
立位では、左右のアンバランスがよく見られますが、それよりも重要なのは、前後のバランスです。腰背痛の症状の場合、前後のバランスが悪い人が非常に多く見られます。それは腹筋の弱さが元になっています。そのために、重心が後方に移動して椎間関節へ異常な負荷をかけます。それが腰椎・骨盤のねじれや傾きを起こします。その異常な負荷と重心の変位を支えきれずに、背筋が緊張して固くなります。

このように、悪い姿勢に加えて、背筋の固さと運動不足による腹部の筋力の低下が疲れやすい体を作り、良い姿勢を保持できなくなるという悪循環に陥ります。
私の患者様のほとんどの人が腰の「反り返り」の状態になっています。これを改善するために、腹筋の強化が治療と予防のために重要です。
 また、怪我や事故など、どんな外力でも、その衝撃は背骨に達しますが多くは自覚されず潜在的な障害になります。遅かれ早かれ、苦痛が現れる場所は、首と腰です。


オステオパシー施術では
関節・筋肉・腱・靭帯・頭蓋縫合・受容器などに働きかける方法があるので、直接法・間接法・頭蓋仙骨法・頭蓋オステオパシー法・ストレイン-カウンターストレイン法・筋エネルギー法・筋膜リリース法・靭帯性関節ストレイン法・軟部組織操作法・リンパ-ドレナージュ法などから適宜選択し、または組み合わせて行います。背部のストレッチと腹筋の強化法を併せて行います。

-腰痛の症例-
ある年の秋〜冬の4ヶ月間に、5人の妊婦さんが腰痛で訪れました。安全に効率的な施術ができて、翌年には皆様無事に健康な赤ちゃんに恵まれました。

● ストレッチング
全身の筋肉と関節を伸張する体操です。腰背部痛に関しては、体の背面を伸長する必要があります。
筋肉は伸ばせば柔軟性を回復し、血液の循環が良くなり、疲労回復を早めます。

● 健康維持のための運動
通常、運動は立位で行い、しかも軽度から中等度の強さが良いとされています。
自分の体の状態にあわせて控えめに始めましょう。マシントレーニングをやり過ぎて腰が痛くなり、立つことも歩くこともできなくなった人がいます。運動も腹八分目です。

運動習慣の全く無い人、疲れすぎている人は、動くことが億劫なので、その方たちには、寝た姿勢で行うことをお勧めします。
その方法は、片足ずつ胸のほうに深く曲げるようにしたり、空中で自転車こぎのように屈伸します。これだけで、足腰と腹筋が強くなります。腹筋の強化は、腰のガードルを内蔵することになります。筋肉が強くなれば、疲れにくい体になります。

ついでに、腕も前に挙げて左右交互に屈伸したり、胸の前で交差して左右に開いたり、伸ばしたまま交互に上下したり、を何回もやってみましょう。腕や脚を挙げて動かすことは、静脈血やリンパ液を心臓に戻りやすくするので、冷え性やむくみやすい人には有効です。

腰痛の予防のために、今日から早速始めてください。どれほど無精な人でも、この簡単な体操ができないようでは、救いようがありません。



頭痛・首痛・肩痛について




頭痛は、精神的な不安・緊張で起こるもの、首の後ろから後頭部にかけて筋肉の緊張から起こるものは適応です。頭痛の多くはこのタイプです。
低血圧や、その他の場合もあるので、病状をわきまえて、適切に対応します。

肩こりは、持続性のものです。
頸椎は運動範囲が広く重い頭をのせているので、肩こりの大きな原因です。頸椎の外傷の後に起こる肩から肩甲骨にかけての痛みもあります。
頸肩腕症候群・五十肩は病状に合わせて、適切に対処します。

頭の重さは、約5キログラムといわれています。
普段はこれほど頭が重いものと意識しませんが、試みに同じ重さの棒を手に持った場合、垂直に立てるとそれほどでもありませんが、これを傾けると何倍にも重く感じます。実際に頭の重心は、体の重心よりも前の方にあり、これを偏心といいます。
生活上では、読書や事務をとるときの姿勢がこれに当たります。首の細い人は筋力が弱いといえるので、耐えられる体を作るために「筋力強化運動」が必要です。

オステオパシー施術
関節・筋肉・腱・靭帯・頭蓋縫合・受容器などに働きかける方法があるので、直接法・間接法・頭蓋仙骨法・頭蓋オステオパシー法・ストレイン-カウンターストレイン法・筋エネルギー法・筋膜リリース法・靭帯性関節ストレイン法・軟部組織操作法・リンパ-ドレナージュ法などから適宜選択し、または組み合わせて行います。
特にストレスへのアプローチとしては頭蓋仙骨法が優れています。首・肩のストレッチと筋力強化法を併せて行います。

●首の筋力強化運動
仰向けに寝ている姿勢で行います。首の前側と左右の筋肉を強化します。
方法は、まず、首を45°に持ち上げてとめます。5秒間そのままにしてから静かに降ろします。腹式深呼吸を2回、鼻から吸って口から吐きます。頭を挙げることと深呼吸をセットにして2回繰り返します。次に顔を横に向けてそのまま挙げます。左も右も同様にします。これをアイソメトリックス* といいます。(* isometrics 等尺性の筋肉鍛錬法)

日頃の運動習慣がない人は、このように簡単なやり方で短時間に行うのが継続するコツです。朝と晩に布団の上でやって下さい。「急いてはことを為損ずる」といいます、効を急いでやり過ぎると筋肉痛を起こします。



膝・足首関節について



けがや事故で関節の動きが悪くなることがあります。筋肉と骨格の連携が悪くなると、関節に負担がかかり痛みを起こします。
年をとって変形が現れるのは膝です。体重を支えながら、大きな働きをしているので、傷めやすいといえます。肥満ぎみの人は痛みがでないうちに体重を減らしましょう。痛くなってからでは遅いのです。

膝の機能は屈曲と進展です。通常この動きにはよく耐えますが、ひねりが加わると骨がずれたり、靭帯等を痛めるので注意が肝要です。
また、関節軟骨がすり減るということがあります。関節軟骨でも椎間板でも、軟骨はリズミカルな関節運動がポンプ作用となって軟骨自体の新陳代謝を行っています。年をとると新陳代謝が衰えるので、サプリメントなどで、骨や軟骨の栄養を補うことも必要です。

筋紡錘・関節周辺には受容器があり、姿勢や動きを認識して運動器としての働きを調節しています。目を閉じていても、体がどの位置にあり、どう動いているかが分かるのは、受容器というセンサーが働いて脳に情報を送っているからです。これは上位中枢の働きですが、もっと短い回路の下位中枢が働くものに反射があります。これらの反射系統の乱れが痛みを起こすこともあるのです。

オステオパシー施術では
関節の骨性連結を調整して十分な可動性を保つようにします。手足の関節でも、背骨の関節でも関節の動きを良くしておけば、結果的に怪我を予防し、骨・軟骨の老化や変形を遅らせることになるのです。
アプローチとしては、直接法・間接法・カウンターストレイン法・靭帯性関節ストレイン法などがあります。膝の強化運動・O脚の矯正法を併せて行います。

ー足首・膝の症例ー
ある美容師さんが、足関節の捻挫のあと、3年間も足首の痛みに悩まされていました。調べて見ると、足首とその周辺の筋肉が固くなり、関節の遊び(Joint Play)が無くなっていました。それらを緩めると、積年の悩みが解消しました。

また、ある大学病院の医師が、膝をスキーで捻挫してから歩くのが苦痛でしたが、これも膝周辺の筋肉の緊張をとり、関節のわずかな遊びを回復すると、屈伸しても痛くなくなり、またスキーができるようになりました。
これらの例のように、他の治療で治りきらなくても、オステオパシーでは、それなりにできることがあるので、あきらめずに相談してください。

●膝の強化運動
膝の関節は、60代で80%の人が、80代で100%の人が変形を起こしているそうです。人間は誰しも老化は避けられませんが、よりよく健康を維持するためには、ある程度の努力が必要です。
膝の関節を守るためには、大腿の筋肉を強くすることです。
立っているとすぐに坐りたくなる、長く歩けない、階段を昇るのが億劫という状態は、かなり筋力が弱っています。

女優の森光子さんは、スクワット運動をなさいます。(これは、上半身を伸ばした状態で膝の屈伸をするものです)
運動は、基本的に立位で行いますが、状況に応じて(椅子に坐って、ベッドの上でなど)いろいろなやり方があります。関節に負担をかけないために、アイソメトリックという、屈伸をしないで中間の角度で止めて行う方法があります。
また、O脚があると、老化が早まるので、内転筋を強化して予防します。

一般の方にとっての運動は、スポーツ選手とは目標が違います。強さも量も控えめにして、疲労をためないようにしてください。頑張らないで、根気よく続けることです。
関節の可動性と筋力のバランスがマッチすれば、以外に早く改善します。効果を信じて続けてください。



胃腸や内臓について




心身症は、ストレスによって起こる疾患です。
 ストレスとは生体に対して、平均以上の緊張を強いるような負荷のことをいいます。職場や学校等の環境にはストレスが満ちあふれています。ストレスにも種々あり、物理・化学的な刺激よりも、今日の社会では対人関係によるものが大きいようです。また、高機能の機器を扱うことによるテクノストレスなどは現代の世相を反映しています。
 この競争社会を勝ち抜くためにも、生活習慣を改める必要があります。心身の安静をはかり正しい食生活をする。喫煙・飲酒は過度にならないようにする、適度な運動をするなどを心掛けましょう。
 日本人は胃ガンが多いのですが、食生活の洋風化で肉食が多くなってから心臓病や大腸ガンが増えているようです。和食は栄養のバランスがよく繊維質が多いので予防になります。

胃腸神経症などいろいろな内臓の不調を緩和します。
状態によって、オステオパシーのいろいろなアプローチがありますので相談してください。

オステオパシー施術では
自律神経系の機能を維持するためには頭蓋縫合・筋骨格系のアプローチは欠かせません。直接法・頭蓋仙骨法・頭蓋オステオパシー法・内臓マニピュレーション法・リンパ-ドレナージュ法などから適宜選択し、組み合わせて行います。また、ストレッチングや入浴法をご指導しますが、これらは心身に対して、生理的・物理的な効果があります。

●リラクゼーションのために
半身浴をお勧めしています。湯温は40℃前後で、湯の深さはみぞおち(胸骨の下方)まで、時間は10分から20分にします。10分間は長いので、その間、私は湯の中でできるストレッチングをしますが、大抵は、浴槽の縁に頭を乗せて寝ています。
 また、風呂からあがる前に、体にシャワーで水をかけます。冷水浴です。感覚神経に冷刺激を与えることによるストレス能力向上の試みは、私自身の経験では効果があがっています。ただし、これは高血圧や循環器系の疾患をお持ちの方には厳禁です。



店舗情報

  • 院名 泉オステオパシー・腰痛研究所
    住所 〒263-0044 千葉県千葉市稲毛区小中台町1239-4
    営業時間 9:00〜13:00
    15:00〜20:00
    前後の時間外については、ご相談下さい。
    定休日 金曜日
    電話番号 043-285-6615
    駐車場 有り
    アクセス ・JR稲毛駅東口から徒歩12分。
    ・バス停=3番乗り場。京成団地行きなどどれでも。
     2つ目の「小中台三叉路」下車。
     お電話でご案内します。徒歩4分。
    ・クルマ=穴川ICから12分、JR稲毛駅方面。
     幕張ICから15分、国道14号線、西警察署前または、
     浅間神社前からJR稲毛駅方面。